在職中の転職活動は大変…時間がない・職場にばれる等悩み5つと対策

転職活動 在職中
リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて約10万件
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級!約20万件の求人を保有
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
詳細

(悩み1)時間がない…シンプルに仕事が忙しくて転職活動をする余裕がない

例えば定時後に面接を設定して貰えても急な残業などで面接に行けなくなったり、平日の午前中に面接予定日を設定され有給休暇を取得して面接に行ったりと様々なトラブルが予想されます。

また在職中の転職活動は面接に行く時間を確保すること自体が大変になりますよね。

対策としては、面接を受ける予定の企業に面接希望の日程を伝えておくことや、面接の日には残業は絶対にできないと職場に根回しをしておくようにして下さい。

(悩み2)職場に転職活動を知られるのが心配

職場に転職活動が知られるのが心配というケースもあると思います。

滅多なことでは知られることはありませんが、様々なケースに対処できるようにして下さい。

転職活動が想定より早く会社に知られる事はデメリットしかありません。

職場に転職活動を知られるのが怖い

職場に転職活動を知られるのが怖いという場合には、対策として普段と同じように振る舞うことが大切です。

理由としては転職活動がに気づかれてしまうのは本人の発する言葉や、何気ない言動で転職活動を行っていることが発覚するためです。

例えば、普段私服で通勤しているのに面接のある日はスーツで会社に行ったり、会社の同僚にうっかりと「転職しようかな」と言ってしまったりするような、普段と違う行動は避けるようにしましょう。

また会社の昼休みに履歴書や職務経歴書を会社支給のPCで作成したり、電話を頻繁に携帯電話でかけるなどの行為も転職を気づかれてしまう要因です。

転職活動をしていることが企業に知られてしまうのは本人が退職したいと考えているからこそ起こす言動で気づかれてしまいます。

転職活動が知られたときの対処法

転職活動が知られてしまっているとわかったら、絶対に次が決まるまでは自分の口から退職を考えているとは言わないようにして下さい。

理由としては、転職活動が知られてしまった段階で、人事や上司などに呼び出されて退職をするなら早い方が良いと追い込まれる可能性があるためです。

日本の労働基準法上、社員は会社に辞めると伝えることはできますが、会社が社員に辞めろということは言えません

絶対に上司や人事に個室に呼び出されても転職活動をしていないと言い切るようにして下さい。

もしも退職をさせられるとブランク期間を空けることになる可能性が高いため、退職は転職先が決まるまで口にしないようにして下さい。

(悩み3)モチベーションを保つのが大変

在職中の転職活動はモチベーションを保つのが非常に難しいです。

理由としては、企業に所属しておりお給料が保証されているので、安心感があるためです。

どうしても行きたい企業の面接にせっかくこぎ着けたにも関わらず何となくしんどいからということで面接にいくことが億劫になってしまうこともあります。

このようなときは転職後のメリットを想像することが大切です。

応募先企業に送る書類を作成しているとき、「この会社に入社出来れば望んでいる仕事が出来る」など、自分自身にとってのメリットを想像する事でモチベーションを保つことが出来ます。

(悩み4)面接や面談で遠方まで向かうのが辛い

面接や面談で遠方まで向かうのが辛いといったこともあると思います。

理由としては在職中で時間に余裕がないということがあげられます。

その場合は面接予定日に有給休暇を取得する、面接の希望日を土日祝日の時間の余裕のある日程にしてもらうという方法が有効です。

基本的に在職中の転職活動で遠方に行かなければならない場合には企業の採用担当者もある程度の配慮をしてくれますので、面接地が遠方の場合、土日に面接を申し入れるなどしてみましょう。

昨今は人手不足の影響もあり、人事課長など残業管理されていない役職者が対応してくれる会社もあります。

面接や面談で遠方まで向かうのが辛いという場合には、このようにして時間の余裕を作るということが大切です。

(悩み5)ストレスが大きい

在職中の転職活動で大きな問題として挙げられるのはストレスによる負担が大きいということです。

理由としては、在職中の目の前の仕事へのストレスと転職活動のスケジューリングで頭がいっぱいになってしまうからです。

スケジューリングの悩みに加えて在職中は、本当に転職できるのかということも頭を悩ませます。

解決策としては、転職活動に必要な事項を一つ一つ整理するという方法があります。

転職活動も普段行っている仕事と全く同じです。

納期があり、それに向けてどれくらいの時間をかけて仕事をこなせば終わるのかということは社会人であればすでに毎日行われていると思います。

先にこれらをクリアにしてしまいます。

退職願を出すのは何月頃にするのか、退職日をいつにするのか、転職活動の手段は転職サイトを使うのか、転職エージェントを活用するのかなどを決めてしまいます。

退職日を具体的に決める方法としては、就業規則を確認するようにして下さい。

理由としては就業規則違反をして辞めると印象が悪くなる可能性が高いためです。

ただし、労働基準法上は2週間前に退職を伝えれば退職をすることが可能です。

就業規則上、最低でも2週間前には退職を伝えなさいと明記されている可能性が高いですが、会社によっては2ヶ月ということもあります。

最も良いのは就業規則を守る事ですが、スムーズにいかないこともあるので、最悪の場合は労働基準法の最低基準である2週間前に退職を伝えるということでも問題ありません。

やるべきことや期日を決めずに行うと余計な不安で転職活動を進めることが難しくなっていきます。

転職活動のストレスは転職活動を行うことで解消されていくものです。

在職中の転職活動がしやすいように配慮してくれる転職エージェントを紹介

何かと忙しい在職中は転職エージェントによるサポートを活用しましょう。

特に転職エージェントのような人材紹介会社は、履歴書や職務経歴書の代理提出や、キャリアプランの相談、希望の条件などを細かく聞いて希望している会社の求人を紹介してくれます。

忙しい在職中の方に向いている転職エージェントは、電話だけで登録できるタイプの転職エージェントです。

理由としては転職エージェントに登録するために時間を割くのは在職中ではかなり大変なためです。

dodaは電話だけで登録が出来る上に、面接の予約や提出がWEBで完結することができます。

また、マイナビジョブ20sも同様に、電話だけで転職希望者が登録を行い、WEBで面接の予約や履歴書の提出が可能です。

電話だけの面談で本当に親身になって相談に乗ってくれるのかという点は不安になるかも知れませんが、要点を抑えて要望を聞いてもらえます。

また、履歴書の提出代行だけでなく実際に書類選考に合格して面接に至ったら、企業ごとの採用担当者の質問や好まれる人材傾向などの情報を提供して貰えます。

転職エージェントを活用することで、内定獲得を目指しましょう。

リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて約10万件
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級!約20万件の求人を保有
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
詳細

関連記事

新卒1年目の転職は準備が大切!企業への面接時の伝え方やメリット・…

新卒1年目だけど今の会社、もう転職したいな…… 1年目で転職って甘えてるって思われて不利な…

正社員から契約社員に転職したい。雇用形態変更を考える理由3つと…

契約社員に転職しようか迷っている… 正社員から契約社員に雇用形態を変更すると、どう変わる…

引き抜き転職のリスクとは?転職での注意点とメリット・デメリット

引き抜きの声が掛かったけど、実際トラブルのリスクとかあるのかな… 引き抜き転職って、どん…

20代で営業以外の仕事に転職したい女性必見!おすすめの職種3つ

ノルマがきつくて、しんどい… 頑張っても結果が出ないと評価されなくて辛い… このよう…

女性銀行員の転職は厳しい?強みを活かした有利な転職方法

神経を使う仕事だから、ストレスがたまってしんどい…銀行員の経験を生かした、未経験職への転職は可能…